災害時に全国から届く支援物資の円滑な受け入れ、配送体制を強化するため、支援物資の受け入れ→集積→配送までの一連の活動を行う広域拠点備蓄倉庫が整備されました。

さいたま市が被災した場合のみならず、首都圏被災時の物流中継拠点としても活用されます。また、平時は市の拠点備蓄倉庫として物資を保管することになります。

【施設の概要】
場  所:さいたま市北区宮原町2-125-22
敷地面積:1,028㎡ 建設面積:432㎡ 延床面積:458㎡
特  色:物資の受け入れ搬入口と仕分け後の搬出口の設置