行動1番! 一人の声を大切に さいたま市と岩槻区を輝くまちに
吉田ひとしブログ

岩槻ニュース

岩槻駅舎改修工事 〜平成25年11月夜間工事〜

平成25年11月16日〜17日にかけて、岩槻駅の下り線ホームの拡幅工事と線路の切り替え工事が実施されました。

当日は、約400人の作業員の皆様が工事に従事。約6時間ですべての作業を完了させるために、1週間シュミレーションを行っています。

岩槻駅舎の改修工事は、平成26年度末を目指して駅舎の橋上化と東西自由通路の工事が行われております。本改修工事によって、現在バリアフリー化できていない岩槻駅にもエレベター、エスカレーターが設置されます。

今回の夜間工事は、本改修工事の前半の山場となる大事な工事です。現在の岩槻駅のホームでは幅員が不足していることから、エレベーター・エスカレーターの設置ができません。その為、下り線ホームの拡幅が必要となります。当然に、線路の移設も伴います。

ホームの拡幅の為に杭の打設や移設先の線路の敷設は、約半年間かけて事前に施工されておりました。列車の運行をしながらの工事となるため、時間と手間がかかることをご説明頂きました。

●大宮駅方面の線路の切り替え作業の様子です。

●下り線ホームの拡幅の様子です。(最大3m拡幅となります)

約2時間、作業の様子を見学させて頂きました。改めて鉄道を運行しながらの駅舎改修工事の難しさを感じました。(^^)

城下町岩槻「鷹狩り行列」、人形のまち岩槻「人形供養祭」が開催されました!

11/3(文化の日)、岩槻ではたくさんのイベントが賑やかに開催されました。

旧岩槻区役所跡地では、ふれあいフェスタ2013。今年で3回目を迎えました。地域の親睦を深めるイベントです。たくさんの地域・団体の皆様にご協力 を頂き、秋空のもと晴れやかに開催されました。写真は、白菊幼稚園の園児による鼓笛隊演奏です。

岩槻城址公園(人形塚前)では、人形のまち岩槻の恒例行事である人形供養祭が開催。今年で49回を迎えたイベントです。市内外よりたくさんの皆様が、大きな段ボールに大事にしてきたお人形を持って参加される様子が、とても印象的でした。今年は、浦和美園駅よりシャトルバスが運行されました。

鹿室地区では、コスモス祭りが開催。本年10周年を迎え、記念として東日本大震災復興コンサート が盛大に行われました。会場には、地域の幼稚園/保育園、小学校の子供たちが描いた絵も掲示されております。どれも素晴らしい作品で、とても暖かい気持ちにさせてくれます。

さいたま市区制10周年記念事業として「城下町岩槻鷹狩り行列」が行われました。将軍の鷹狩行列、岩槻藩主の出迎え行列、放鷹の実演、黒奴の奴振り披露など、江戸時代の歴史の1ページを再現したイベントです。

市宿通り〜旧岩槻区役所までの区間を途中で2回のパフォーマンスを行いながら進んでいきます。スタート地点となる市宿通りでは「第17回市宿のいち」到達地点では「ふれあいフェスタ2013」が開催されており、地域のイベントとマッチングしています。

岩槻の歴史と文化を、広く知って頂く機会となったのではないかと実感できた一日となりました。企画や運営にあたられました各実行委員会の皆様をはじめとする役員の皆様、いつも大変にありがとうございます!!

 

 

 

 

 

人形のまち岩槻流しびな

3/3、人形のまち岩槻流しびなが岩槻城址公園内の菖蒲池周辺にて開催されました。

流しびなは、子どもの無病息災を願い、厄を払うために人形を川や海へ流したという、ひな祭りのルーツといわれる催しです。岩槻区では、約12cmの「さん俵」に乗せられた人形を、菖蒲池に流します。

例年、4月29日に開催されておりましたが、節句の時期「まちかど雛めぐり」や「ひなまつりふれあいコンサート」などのイベント開催と一緒に開催したほうがよいのではないか。との事で、今年より3/3に近い日曜日での開催となりました。

十二単衣着付実演、琴&鼓笛隊演奏、甘酒&飲み物サービス、模擬店、人形相談など、大変に、賑やかなイベントとなっております。

岩槻駅前では、まちかど雛めぐりのイベントが開催されておりました。お雛さま仮装パレードや演奏などが行われ、岩槻区外のたくさんの方が足を運んでくださいました。

今年は、浦和美園駅〜岩槻駅の区間にシャトルバスを運行。地下鉄7号線延伸に向けた施策の一つとしての運行実施です。休日にもかかわらず、職員の方が案内のため看板を持ちながら立哨してくださっておりました。

さいたま市は、岩槻区のまちづくりの方向性として、歴史と文化資源を活用したまちづくりの推進を掲げております。行事を通して、見えてきた課題などもたくさんありますが、地域の皆様と一緒に知恵を出し合って、賑わいのある岩槻にしていきたいです。

全国雛めぐり公開サミット in IWATSUKI が開催されました。

2/24(日)市民会館いわつきにて、「全国雛めぐり公開サミットinIWATSUKI」が開催されました。

このイベントは、2004年よりスタートした「岩槻まちかど雛めぐり」が今年で10周年を迎えたことから、記念イベントとして開催されたものです。

全国で、ひな人形を活かしたまちおこしを行っている自治体、グループ、団体などが集い、各地域での取り組み状況や特色、セールスポイントをプレゼンテーション方式で発表してくださいました。

参加団体は・・・

1.町家の雛めぐり

〜奈良県高取町 天の川実行委員会〜

2.紀州海南ひなめぐり

〜和歌山県海南市 紀州海南ひなめぐり実行委員会〜

3.塩竈deひなめぐり

〜宮城県塩竈市 塩竈deひなめぐり実行委員会〜

4.陶のまち瀬戸のお雛めぐり

〜愛知県瀬戸市 瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会〜

5.たくみの里「つるし雛・ひなめぐり」

〜群馬県みなかみ町 NPO法人たくみ会〜

6.飯能ひな飾り展

〜埼玉県飯能市 飯能ひな飾り実行委員会〜

7.佐賀城下ひなまつり

〜佐賀県佐賀市 佐賀城下ひなまつり実行委員会〜

8.谷地ひなまつり

〜山形県河北町 谷地ひなまつり実行委員会〜

9.城下町村上 町屋の人形さま巡り

〜新潟県村上市 村上町屋商人会〜

10.人形のまち岩槻まちかど雛めぐり

〜さいたま市岩槻区 まちかど雛めぐり実行委員会〜

各地域のプレゼンテーションを拝見させて頂きましたが、地域を愛してやまない方が中心となって工夫を凝らして、取り組まれている様子が伝わってきました。その地域が持っている資源を十分に掘り起しながら、地域の活性化、文化の伝承、まちおこしなどに真剣に向き合って、楽しみながら活動されている熱意を強く感じました。

最後に、参加団体様全員で以下の通りの「岩槻宣言」が採択され閉会となりました。

◆岩槻宣言◆

我々「第1回全国雛めぐり公開サミット」参加団体は、多岐にわたり過去それぞれまちづくりに取り組んで参りました。

この後も、日本古来の節句文化を継承し、まちづくりに取り組み、それぞれの未来都市を創造する為に、次の事柄を宣言する。

1.雛めぐり・ひな祭りネットワークの創造を目指す。

2.住む人も訪れる人も癒しの空間を提案できるまちづくりを目指す。

3.人形文化による「まちおこし」の推進を目指す。

【お知らせ】第1回岩槻区役所敷地利用計画検討委員会が開催されます!

さいたま市では、岩槻駅周辺にまちづくりの在り方や旧区役所跡地の敷地利用の在り方について「岩槻まちづくりマスタープラン」を策定しています。

「岩槻まちづくりマスタープラン」では、旧岩槻区役所敷地利用の方向性として、以下の通り記載されています。

◆岩槻まちづくりマスタープランより

今後の岩槻駅周辺地区は、コンセプトを「歴史・文化」とし、岩槻の持つ歴史・文 化資源を活かすことにより、観光で賑わい、住民が住み続けたくなるまちづくりを目 指します。そのため、城下町、人形のまちとしての岩槻の持つ魅力を高め、観光機能 の強化を図ることで、まちの活性化につながる取組を展開します。

旧区役所敷地については、観光拠点としての役割を持たせ、まちづくりと連動した 活用を図ることが、まちの活性化につながる効果的な方策と考えられることから、岩 槻への観光目的での来訪意欲を高め、観光客の利便性、快適性の向上に資する観光交 流機能の整備を検討します。 また、観光拠点としての整備に当たっては、駐車場やまつり広場などのオープンス ペースを確保し、ゆったりとした空間を演出し、大型バスでの観光客への対応や地域 イベントでの活用などを積極的に行います。

また、将来の社会経済情勢の変化により、 行政機能の配置や観光機能の追加等の対応が可能な整備を行います。 なお、区役所旧庁舎については、まちの景観形成、防犯・防災上の安全面、さらに は、オープンスペース確保の観点等を考慮し、今後の敷地利用や整備手法の具体的な 検討状況を見据えながら、速やかに解体するものとします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在の建物は、今年度より解体設計に着手し、平成25年度〜平成26年度に解体工事を行う予定となっております。今後の岩槻区役所敷地利用については、市民、各種団体の代表者、有識者で構成される検討委員会を発足し、今年度から平成25年度にかけて計画策定に向け、意見を取りまとめていくことになっておりました。

その岩槻区役所敷地利用検討委員会の第1回の会合が、以下の通り実施されますのでお知らせさせて頂きます。検討委員会の傍聴は無料で、だれでも参加できます。私も、傍聴に冒頭より参加したいのですが、さいたま市議会の予算委員会が開会中であり、途中からの参加となってしまいそうです。

日時:2/25(月)16:00〜18:00まで

場所:岩槻駅東口コミュニティーセンター4F 多目的ルームA

内容:市長より、検討委員会委員の委嘱が行われます。①これまでの経過と今後の会議の進め方について、②意見交換、③その他

第8回 岩槻区民やまぶきまつり が開催!

11/4、第8回岩槻区民やまぶきまつりが開催されました。昨年は、雨天となり野外でのイベントが思うように開催できませんでしたが、本年は抜けるような秋空の下、盛大に開催することができました。

国内交流都市、群馬県みなかみ町、新潟県村上市、千葉県南房総市、鴨川市、山形県河北町、福島県南会津町、いわき市、南魚沼市も参画して物産品の販売を行ってくださいました。

会場内の6つのエリアで和太鼓、よさこい鳴子踊り、フォークダンス、フラダンス、琴演奏、吹奏楽、筝曲合奏、舞踊、キッズダンス、チアダンスなどのステージが繰り広げられる中、なかなか見ることができない放鷹実演も人気を集めておりました。

子ども達には、ふわふわドーム、ポニー乗馬や動物ふれあい広場、ミニSLの乗車などが大人気で、子どもからお年寄りまで全ての世代の方々に楽しんで頂けるイベントとなりました。

今年は、区内外の130を超える関係団体の皆様がブースや露店の出店など多くの催しに参画してくださり、イベントを大いに盛り上げてくださいました。市民、事業者、行政が力を合わせ、地域の親睦を深める素晴らしいイベントとなりました。イベントを陰ながら支えてくださいました実行委員会の皆様をはじめ、運営役員の皆様、各種関係団体の皆様に心より感謝を申し上げます!!

また、市内外から非常にたくさんの皆様にご来場いただくことができ大変にありがとうございました。この「やまぶきまつり」が、回を重ねる毎に益々、発展していくことを願っています!!(^^)

 

第48回人形供養祭が開催されました。

毎年11/3の文化の日に開催される人形のまち岩槻での「人形供養祭」が、秋晴れの青空の下、盛大に開催されました。

人形のまち岩槻では、一年を通して数多くの人形行事が開催されております。主な行事として、3月には、「まちかど雛めぐり」が約1か月間開催されます。4月29日には、雛まつりのルーツといわれる「岩槻流し雛」、真夏の祭典「いわつき祭り」では、ジャンボ雛段や人形仮装パレードが行われます。そして、11月3日には、人形供養祭の開催です。

本年の人形供養祭にも、市内外よりたくさんの皆様が大切にされていたお人形をもって岩槻にお越しくださいました。岩槻の人形文化は、優れた技術やその作品の芸術性ばかりでなく、親から子へ、そして子から孫へと、家族を大切に思う『心』の継承にあると思います。

こうした岩槻が誇る大切な伝統、文化を守り支えて、継承してくださっているご関係者の皆様に心より感謝申し上げます。年間を通して行われる人形行事を通して、全国に皆様に、岩槻の人形文化を見て・触れて。感じて頂けると嬉しく思います。

人形の里 アートフェスティバル

9/30、人形(ひな)の里アートフェスティバルを廻らせて頂きました。

セレモニーでは、奥山実行委員長、清水市長、加藤市議会議長、高橋商工会議所副会頭にご挨拶頂きました。台風17号の接近が心配され、屋外でのイベント開催が危ぶまれ、午前中までの開催となりました。その為、屋外ステージの午後の部については、一部会場を変更して行ったものの、中止となってしまったステージ発表もありました。(出演を予定していたグループの皆様にとって残念な天気となってしまいました。)

セレモニーの後、ステージ発表を少し見学して、画廊万両(鈴木酒造ギャラリー)で開かれた、地元で活躍されている美術作家15名の作品が展示されている「郷土の美術作家展」を見学させて頂きました。どの作品も心に響く素晴らしい作品で、本日限りで終了してしまうのはもったいないと思いました。

夕方からは、区役所の会議室で「岩槻の魅力を語る 〜生活の中の人形〜 区内小学校の人形づくり体験を語る」とのテーマでシンポジウムが行われ、参加させて頂きました。会場に到着すると、屋外で予定されていたダンスのステージ発表が行われており、たくさんの人だかりができておりました。

シンポジウムでは、西原小学校の児童が34年の間、地元の人形職人さんの指導のもと木目込み人形づくりを実施している取り組みを、教員、人形職人、小学校の児童たちの目線から発表がありました。岩槻の人形文化を継承していく素晴らしい取り組みだと感じました。

最近、外国の方が岩槻のお人形をお土産に購入する方が増えてきたことを聞いた先生が、岩槻人形の魅力を簡単な英語で伝えられるように、ビューティフル、キュート、スマートの3つの単語を教えたところ、子ども達はその言葉にジェスチャーをつけるなど発想の豊かさに驚きました。

今回のイベントの企画、運営にあたられました奥山実行委員長をはじめ、各種グループ、団体の皆様、役員・スタッフの皆様、大変にありがとうございました。(^^)

人形(ひな)の里 アートフェスティバル 開催のお知らせ

今週、9/23〜9/30の期間、さいたま市岩槻区にて『人形(ひな)の里 アートフェスティバル』が開催されております。(メインは9/30)

9/23〜30 郷土の美術作家展 於:画廊万両 10:00〜17:00

9/28〜30 わたしのアート作品展 於:ワッツ西館3F 9:30〜15:00

9/30 ステージ発表、朝市、骨董市 於:旧区役所前 9:30〜16:00

9/30 紙芝居、昔話、童謡 於:遷喬館 10:00〜15:00

9/30 演劇紙芝居、手品 於:区役所3F多目的室

9/30 巨大絵巻物を描こう 路上ライブ。ダンス 於:クレセントモール 10:00〜15:30

9/30 岩槻文化チェロ演奏会 於:区役所4F第一会議室 15:00〜

9/30 似顔絵、イベント 於:岩槻モール 10:30〜16:00

その他、「岩槻の魅力を語る 〜生活の中の人形〜」をテーマとして、岩槻区役所4Fの第一会議室にてシンポジウムが開かれます。(15:00〜16:30)

会場の多くは、東武野田線「岩槻駅」駅前となっております。この機会に是非、岩槻にお運び頂き、人形のまち「いわつき」を感じてみてください。

岩槻まちづくりマンタープラン(案)について 皆様の意見を募集中です!

岩槻まちづくりマスタープラン(案)は、旧岩槻区役所の移転をきっかけに岩槻駅周辺のまちづくりの在り方、旧岩槻区役所跡地の在り方等について、検討する「岩槻区まちづくり区民検討委員会」が1年間以上の期間をかけて議論し、取り纏めた素案をベースに作成されています。

詳細は、さいたま市のHPに掲載されております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.city.saitama.jp/www/contents/1340584451799/index.html

◆募集期間:平成24年6月29日〜平成24年7月31日まで。

◆岩槻まちづくりマスタープラン(案)は、HPでの閲覧の他、各区役所情報公開コーナーや各図書館で提示しております。

皆様の貴重なご意見を頂戴できますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

« 1 2 3 5 »

過去のブログ記事

PAGETOP
Copyright © さいたま市議会議員 吉田ひとし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.