行動1番! 一人の声を大切に さいたま市と岩槻区を輝くまちに
吉田ひとしブログ

市政報告

介護ボランティア制度がスタートします!

さいたま市「介護ボランティア制度」が、いよいよ明日10/1からスタートします。

この制度の目的は、高齢者の社会参加、生きがいづくりと介護予防を促進し、ボランティア活動を推進することで、これから急速に進む『高齢化社会』に備えて「支えあいの地域社会」を目指すものです。

制度の概要は、高齢者が市内の介護施設などでボランティア活動を行った際に、ポイントが付与されます。それを貯めると「奨励金」又は福祉団体への「寄附」に交換できる制度です。

◆対象:さいたま市内在住で65歳以上の方

※同制度の利用には「介護ボランティア手帳」の交付を受ける必要があります。手帳の交付は、各区の高齢介護課へ登録申請を行います。登録者は市が指定するボランティア活動保険に自動的に加入となります。(市が一括して保険料を支払いますので費用のご負担はありません。)

◆対象ボランティア活動

①介護施設におけるボランティア活動

②高齢者などに対する宅配食事サービスにおけるボランティア活動

◆ボランティア活動とポイントの付与

ボランティア活動を行った後、手帳を施設等の責任者に提示すると活動実績に応じて「ポイントシール」がもらえますので、手帳に貼ってポイントを貯めていきます。

ポイントは、30分〜90分(概ね1時間)で1ポイント、90分以上(概ね2時間)で2ポイントで、一日上限2ポイントとなります。

◆ポイントの交換

1ポイント=100円。年間上限5,000円。で、「奨励金」としての受け取り又は福祉団体等への「寄附」をすることができます。

交換の申請は、各区の高齢介護課へ交換の申請をします。「奨励金」は、登録者本人の指定の銀行口座へ振り込まれます。尚、「寄附」は市が指定した対象団体から選択して行います。希望により、匿名での「寄附」も可能です。

この介護ボランティアポイント制度が、本市において高齢者が安心して暮らすことができる「支えあいの社会」を構築していくためのスタートとしていきたいです。

今後も、制度の拡充を図れるように全力で頑張って参ります!!

 

 

(仮称)岩槻人形会館建設について

9/20に市民生活委員会にて議案外質問を行いました。質疑の内容は、概要以下の通りです。

(仮称)岩槻人形会館建設は・・・

1.①岩槻の誇る伝統文化を保存・継承する拠点、②後継者育成や地域産業の拠点、③まちのにぎわい創出の観光拠点として建設を望む声。

2.3.11震災後の社会情勢の変化や岩槻区を取り巻く様々な環境の変化から慎重な検討を望む声。

3.箱モノはこれからの時代に必要ないとの声。

など多くのご意見がございます。そこで、所管である市民生活委員会の中で議案外質疑を行いました。

質疑の内容をご紹介する前に、昨年度の同委員会の議事録より経過をお知らせさせていただきます。人形会館の建設は、当初の予定では22年度内に着工を予定しておりましたが、

①人形会館を拠点とした岩槻の観光、まちづくり、集客等の観点から更なる事業内容の検討を行うこと。

②地元の皆様への周知が不足していること。

③人形会館を支援いただくための組織づくりに時間をかけて取り組むこと。

を主な理由として、工事着手の時期を延期することになった。

◆質疑の要旨について

Q:「市民(とりわけ岩槻区)の皆様への説明が不足している。」(上記②)について、昨年度より現在まで、どのように市民への説明を実施してきたのか。

A:本年3月末に事業管理計画や展示実施設計などについて計画として纏め、これに基づき人形会館建設計画の概要、施設で取り組む事業計画等について、岩槻区区民会議、岩槻区自治会連合会、岩槻区まちづくり市民協議会、さいたま商工会議所岩槻支所、岩槻人形組合に対して説明を行った。

Q:岩槻区民の皆様の反応はどのようなものであったか。

A:一部の方から岩槻の歴史も紹介してほしいとの声や、会館の名称から人形文化の拠点施設ではなく地元の人形産業の施設ではないか。という誤解をしている方が多いとの意見があった。特に、東日本大震災後には、市長への提案制度等でも方向性の見直しや、建設に反対するような意見等が寄せられている。こうした中、9/6に岩槻自治会連合会、さいたま商工会議所岩槻支所など地元の4団体から、①まちづくりの総合的なビジョンの中に位置づけること。②岩槻地域の歴史文化的機能を加えること。③こうした機能を有するにふさわしい名称とすること。を趣旨とした要望書が提出されたところです。地元を代表する団体からの要望でございますので、これを重く受け止めまして、十分に検討していきたい。

※各関係団体等には、事業の説明を行っているが、一般の区民の皆様に対して周知ができていないことを訴えさせて頂きました。

Q:建設計画にあたって関係部局との検討内容と、その成果はなにか。

A:岩槻城址公園で行われるイベントに訪れた方を来館してもらうための検討や周辺道路整備、交通アクセスなどについて関係する所管と協議を進めてきた。本年4月には、庁内に部局横断的なプロジェクトチームを立ち上げて、①開館に向けた周辺環境の整備②利用促進に向けた取り組み。③開館後の取り組み。の3つの柱を中心に具体的な検討を行っているところである。岩槻城址公園全体の施設整備の位置づけとして、関係部局との検討は行っていない。

※具体的な検討結果については、現在進行形である。そのため、成果についての答弁は頂けなかった。周辺のハード面での整備、交通網の整備など、決定している具体的な内容を区民の皆様に周知するべきと訴えた。

Q:岩槻区は、区役所跡地の利活用について検討段階であることや地下鉄7号線の延伸事業、岩槻駅舎改修事業など多くの課題を抱えております。また、現在、岩槻まちづくり区民検討委員会が、来年3月に向け「まちづくりマスタープラン」の素案策定に取り組んでおります。本議会開会前日の9/6には、岩槻の4団体より「(仮称)岩槻人形会館」の建設に関する要望書が、清水市長・中山議長宛に提出されている。人形会館建設について、14日の本会議では「延期も視野に入れた検討を進める。」との市長答弁がありましたが、岩槻まちづくり区民検討委員会が素案の作成を進めている「まちづくりマスタープラン」の策定と(仮称)岩槻人形会館建設計画はどのような位置づけであるのか、関係性については?

A:まちづくり区民検討委員会では、観光政策として人形会館を含む回遊性の確保や周辺環境などについて総合的な議論がされていると考えており、今後は整備にあたってはマスタープランの動向を踏まえて対応を図って参りたい。

※岩槻の伝統産業である文化と歴史をさいたま市の地域資源として最大限に活用するため、検討にあたっては、岩槻のまちづくりの包括的な視点が必要であり、まちづくり区民検討委員会等の意見を聞いて頂きながら、地域の中から建設を待ち望む声が沸き起こるような状況をつくる。そこまで、理解を深めていくことが大事である。と訴えました。

 

 

ドメスティックバイオレンス(DV)対策

9/20に市民生活委員会にて議案外質問を行いました。質疑の内容は、概要以下の通りです。

本年3月にさいたま市においても「DV防止基本計画」が策定されました。この計画は、DV防止及び被害者支援の今後の施策の方向性を定め、計画的に推進することを目的にしています。

Q:本計画の周知と女性の相談窓口の周知はどのように行っているか。

A:市のHP、各区役所の情報コーナーや図書館での閲覧、そして男女共同参画社会情報誌「夢」にてDVの特集を組んで周知している。また、女性の相談窓口は、市のHPや区役所へのパンフレットの設置をはじめ関係機関等へのPRを実施している。

※DV被害は、通報などによって外部から発見することは難しい為、被害者の方から直接相談を受けられるよう窓口の周知と、被害も様々なカタチがあるので、DVについての知識を啓発する活動が重要。早期発見することにより、被害が重度化しないようにするべき。

→公共施設の女子トイレなどに「相談カード」の設置をすることで、認知度が向上すると考えるが本市でも検討できないか?(他の行政で効果、実証すみ)

A:区役所トイレには、設置している。公民館、図書館など各関係機関と連携を取り周知を図っていく。

Q:女性の悩み相談件数の現状とDV被害者の現状はどうか。

A:相談件数は、年々増加傾向でH22年は5,505件。内DV被害は、547件。面談相談は、143件。

※さいたま市では、現在5か所の窓口で主に電話により相談を受け付けている。DV被害が疑われた場合、専門の女性相談員が対応する仕組みとなっている。

※相談内容の性質上、女性相談員の負担も重く・専門的な知識も必要であり、将来的に相談件数も増加が予想される。

Q:相談窓口の増設と女性相談員の増員・育成について本市の考えは?

A:相談窓口については、相談の性質上から電話での相談が多いことから窓口を拡大するより、早期発見のために現在の窓口を広く周知していくことが大切であり潜在的な被害者を救済できるよう取り組んでいく。女性相談員は、本年2名を増員したところで、相談員の研修などにより相談能力の向上に努めていきたい。

Q:DV防止基本計画に、「配偶者暴力相談支援センター」の設置が施策として盛り込まれているが、その役割と機能はどのようなものか?また、本市では、どこにその機能があるか?

A:6つの機能がある。1.相談、相談機関の照会。2.カウウセリング。3.被害者及び同伴者の緊急時における安全確保及び一時保護。4.被害者の自立支援のための情報提供、その他援助。5.保護命令制度の利用についての情報提供、その他援助。6.被害者の居住を支え、保護する施設利用についての情報提供及びその他援助。本市では、2と6以外の機能を男女共同参画推進センターで行っている。

→DVの性質上、男女共同参画推進センターと新設される配偶者暴力相談支援センターの機能は分離するべきと考える。また、その意味で未設置の「配偶者暴力相談支援センター」は早期に設置するべきと提案。

A:相談者(被害者)に配慮する観点から、分離の視点から検討していく。

DV被害者の心身の回復には、被害者同士が体験や感情を共有したり、情報を交換したりする場「自助グループ」に参加することの効果が検証されている。

Q:配偶者暴力相談支援センターの機能の一つとして「自助グループ」の支援が重要と考えているが、本市の考えは?

A:大変有効な手段と考えている。今後、相談、面談の中でもそのような方向に考え進めていきたい。

Q:若年層DV(デートDV)の現状とこれまでの取り組みは?

A:3人に1人が意識実態調査の結果で、DVにあたる体験をしたことがあるという結果がでている。昨年度より、市立高校を対象に出前講座による啓発活動を実施しており、今後は中学生を含む若年層に対し、教育委員会他関係機関と連携して予防啓発活動に取り組んでいく考えである。

※DV被害の問題の性質から、各種支援窓口を1本化することが大事と考えています。

Q:被害者の一時保護〜自立支援までをワンストップで対応できないか?

自立支援に向けて、就労や子育て支援、学校の問題や生活費など様々な申請が必要であり、画一的にワンストップでの対応は難しい。しかし、福祉事務所や関係機関と協議を図り被害者の負担軽減に努めていく。

 

岩槻区役所についてⅢ

市民生活委員会での採決前に討論を行いました(9/20)。討論は、岩槻区役所の移転についての議案第114号についてです。

◆以下、討論の内容を掲載させていただきます。9/16の質疑の内容を踏まえ、岩槻区の皆様の想いを込めて討論させていただきました。

提出された6つの議案のうち、議案第114号について賛成の立場から討論させていただきます。議案第114号は、岩槻区役所が岩槻駅前ワッツビルに移転することに伴い、「さいたま市区の設置等に関する条例の一部を改正する条例」で事務所所在地を変更するものです。

質疑において、

1)駐車場・駐輪場・バイク置き場が必要台数分、確保されていること。

2)テナントビルの開店時間と区役所の時間が違う点による対策を講じていること。

3)区民・市民の皆様への広報について、市報や案内チラシの全戸配布など周知徹底について対策が講じられていること。

4)区役所利用者が迷わないように、案内板の掲示などのサイン掲示をすること。

5)新区役所での情報セキュリティ対策および災害発生時の災害対策本部機能が担保されていること。

を確認することができました。

駐車場料金設定については、移転先の岩槻駅前ワッツビルは立地性から「不正利用を防ぐ観点も必要」との理由で、「原則1時間まで無料」との料金設定との説明であるが、来庁者の中には長時間利用の方も想定されます。現在、岩槻区役所は駐車場利用について課金させておりません。例えば、「無料となる時間の延長」や「延長利用者にサービス券を配布する。」など、区役所利用者にはこれまで通り一切課金しない配慮、対策を講じるべきです。

区役所跡地の利活用については、「まちづくり区民検討委員会」での議論を真摯に受け止める旨の答弁も頂きました。

新しい区役所が、岩槻区の皆様が利用し易い施設となること。そして、円滑に移転が行われることを望み、私の賛成の討論とさせていただきます。

岩槻区役所移転についてⅡ

市民生活委員会での議案審査(9/16開催)について、概要以下の内容にて質疑を行いました。

◆駐車場の利用について

Q:公用車は、どこに止めるのか。

A:ワッツビル屋上階に51台。(屋上階には、一般の方が利用しない場所で確保。)

Q:利用者の駐車料金は、どのような設定となるのか。

A:原則1時間無料という予定で検討。以後30分毎に100円の課金で考えている

※この点については、討論しております!詳細は、別掲載します。

Q: 駐車場の利用可能台数と、不足しないかどうか。

A:ワッツの来客者用駐車場391区画。平均での来庁舎150人/日、保健センター90人/日であることから、最大の来庁舎を260人と想定し、ワッツ店舗来客で150台/日。を勘案して、多くても合計400台で充分足りる。その他(体の不自由な方:平面5台分確保)ちなみに、現在の岩槻区役所には73台。

Q: 駐輪場の位置及び台数はどのような計画か。

A:現在周辺整備中であるが、2か所で192台。

Q:午前10:00(店舗OPEN)までの駐車場からの動線はどうなる。

A:エスカレーターと駅前通り側EVを利用する。

◆区民(市民)の皆様への広報について

Q: 24年1月4日までの期間で区民の皆様へ移転の広報をどのように周知徹底していくのか。その方法とスケジュールはどうなっているか。

A:市報の区版(11月号に掲載)、公共施設/ワッツビルへのポスター掲示、自治会回覧、全戸チラシ配布を9月議会閉会後に区と連携して実施していく。

Q: 来庁された方が区役所の位置が、すぐに分かるようなサイン計画となっているか。

A:関係機関と協議中であるが、細かくサインをしていかなければならないと認識している。

◆区役所跡地の利活用についての協議の進捗状況や見通しなどの周知は誰に・いつ・どのような形で広報されることになるのか。

A:まちづくり区民検討委員会で協議され、現在、平成24年3月をめざし「岩槻まちづくりマスタープラン」の素案を作成している。委員会の協議の結果を真摯に受け止め、その時の経済・社会情勢を勘案し跡地の利活用を決定していく。

区民の皆様への告知は、素案がまとまった段階でパブリックコメント的に投げかけて、ご意見を伺いながら周知する予定と聞いている。(担当局より)

◆新区役所の情報セキュリティについて万全な体制となっているか。

A:万全を期すことの重要性を認識している。店舗部分と区役所部分を区分けする間仕切りの設置。各利用者の動線を分ける。考えられる対策を十分検討する。

◆災害対策本部としての機能保持は担保されているか。

A:機動性を確保して、機能の保持に十分遺漏のないように進めていきます。

※質疑の一部は、他の委員と重複しております。

※詳細は、今後閲覧作成される議事録にてご確認をお願いします。

※大事な案件であるため、議会での質疑について内容を皆様に知っていただきたく掲載させて頂きました。よろしくご了承くださいませ。

DV対策と(仮称)岩槻人形会館建設について

本日は、さいたま市9月定例議会の市民生活委員会(2日目)でした。9/16に審議された6つの議案の討論、採決が行われました。

私は、岩槻区役所移転に伴う事務所所在地の変更となる、議案第114号「さいたま市区の設置等に関する条例の一部を改正する条例」について、賛成の立場から討論を行いました。

6つの議案については、すべて可決されました。

続いての議案外質問では、下記の内容について質問をさせて頂きました。

1.DV(ドメスティックバイオレンス)対策について

1)DV防止基本計画及び女性の相談窓口の周知について

2)相談窓口の増設と女性相談員の増員について

3)配偶者暴力相談支援センターの設置について

4)DVの予防について

5)被害者の保護〜自立支援までについて

2.(仮称)岩槻人形会館建設について

1)市民への事業説明不足によるこれまでの取り組みと市民の反応について

2)関係部局との検討内容と成果について

3)岩槻まちづくり区民検討委員会と建築計画の関係性について

詳細は、正確を期すため改めてご報告させていただきます。

常任委員会での議案外質問は、所管事務調査として行われるものです。その目的は、①皆様から寄せられた声を市政に反映すること。②市民サービス向上のため所管部局の業務や事業について、事前に調査し、問題を発見し、改善/提案をすること。であります。

日頃から、地域の皆様の声をどれだけたくさん聴くことができるか。どれだけ現場を走り問題点や課題を発見できるか。が重要になって参ります。

これからも、皆様の声を市政に反映できるよう現場の第一線を走って参りますので、お気軽にお声かけをお願い申し上げます。

 

 

 

岩槻区役所の移転について

さいたま市9月定例議会にて、岩槻区役所の移転に伴う条例改正の議案が提出されました。現在の位置から、岩槻駅前の商業ビル「ワッツ」の空洞化を避けるために、同ビル3F・4Fのフロアに移転となります。移転先区役所の開設は、平成24年1月4日の予定です。

これまでの経過を纏めると・・・

平成21年12月議会 岩槻都市振興株式会社の整理回収機構の再生スキームを採用する財産譲渡議案が可決。

ここでは、再生スキームは、会社の経営再建を可能とさせる賃料収入が前提で、スキームを維持するためには公共施設利用も視野に入れざるを得ないという段階でした。

平成22年6月議会 区役所移転設計費の補正予算が上程される。また、岩槻自治会のほぼ全員が署名した請願書が提出された。初の連合審査会が開催され、本会議で採択。移転設計費の予算案は附帯決議を付けて議決となった。

附帯決議は、以下の3点。

1.ワッツ東館への公共施設の導入に際しては、岩槻区民の意見集約を図り合意形成に努めること。現在の岩槻区役所が備える機能について変更せざるを得ない場合には、周辺住民を始めとする区役所利用者の利便性を考慮した措置を講ずること。

2.岩槻区役所の庁舎及び敷地の利活用については、区役所の在り方を含め、早急に区民の各界の代表で構成する検討組織を設置し、検討を開始すること。

3.さいたま市総合振興計画において副都心として位置付けられている岩槻駅周辺地区のまちづくりマスタープランの作成に早急に着手すること。

上記2により、平成22年12月2日に『岩槻まちづくり区民検討委員会』が設置され、本日までに4回の会議が行われている。また、この委員会の検討結果を踏まえて、本年度末を目指し、マスタープランの素案作成に取り組んでいる。

今回の区役所移転については、区役所機能の強化といった前向きなものではありません。私も先の6月定例会の一般質問で取り上げましたが、上記経過の反省を踏まえて、移転にあたっては区民の皆様の利便性を担保し、しっかりとした広報活動をすることを質しました。

今議会においても、岩槻区の皆様の声をしっかりと反映するために真剣勝負で臨んで参ります。

 

 

 

初の一般質問を行いました

6月14日に行った初の一般質問の動画が、さいたま市議会ホームページに公開されました。以下の項目について質問しました。

1 避難所の安全対策について
(1) 市内小中学校の耐震化工事の進捗状況と情報提供について
(2) 避難所となる市内小中学校の段差解消について
(3) 避難場所となる施設の運営体制の見直しについて
2 さいたま市の住宅政策について
(1) 今後の市営住宅の取り組みについて
(2) 民間住宅の空き家借り上げ制度の新設について
(3) 高齢化社会に向けた住宅政策について
3 行政サービスのあり方について
(1) 路上喫煙禁止区域の拡大について
(2) 駅前自転車置き場の料金設定について
(3) 岩槻駅舎の改修と岩槻区役所の移転について
(4) 地域包括支援センターのPRについて

さいたま市議会ホームページ
6月14日吉田ひとし一般質問
http://www.saitama-city.stream.jfit.co.jp/vod_play.php?CNTID=20710&PREVPAGE=%CC%E1%A4%EB

« 1 5 6 7

過去のブログ記事

PAGETOP
Copyright © さいたま市議会議員 吉田ひとし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.