さいたま市議会議員 吉田ひとし(岩槻区選出)のウェブサイトです。行動1番! 一人の声を大切に さいたま市と岩槻区を輝くまちに
吉田ひとしブログ

岩槻ニュース

旧岩槻区役所跡地の暫定利用について

6/18の市民生活委員会での議案外質問の大項目2つ目として、「旧岩槻区役所跡地の暫定利用」について、ご報告させて頂きます。

本年1月4日に岩槻区役所は、駅前ワッツビル3F・4Fに移転致しました。現在、「岩槻区まちづくりマスタープラン(案)」が策定され、パブリックコメント後に、岩槻駅周辺のまちづくりを推進するアクションプランを策定する予定となっております。このマスタープラン(案)では、岩槻駅周辺に集積している歴史・文化資源を活用した観光機能の強化を、取り組みの方向性として挙げております。

旧区役所跡地整備の考え方として、観光拠点としてしての役割を持たせ、まちづくりと連動した活用を図ることが、まちの活性化に繋がる効果的な方策と考えられることから、岩槻への観光目的での来訪意欲を高め、観光客の利便性、快適性の向上に資する観光交通機能の整備を検討する。と方向性が示され、区役所旧庁舎については、まちの景観形成、安全上の問題、オープンスペースの確保などの観点から、速やかに解体するものとしております。

以上の背景を踏まえ、「旧岩槻区役所跡地の暫定利用」について、概要以下の内容で質問させて頂きました。

本年1月4日に岩槻区役所が移転してから半年が経過したが、旧岩槻区役所跡地は閉鎖されたままであり、建物解体のスケジュールが示されていない状況です。旧区役所跡地は、市民の財産であります。

建物解体までの期間、また解体後に次の用途が確定し具体的に進捗するまでの期間、現在の状態が継続するのは、市有財産の利活用の観点から、そして市民サービスの観点からも適当でないと考えます。市民ニーズに適応した形で利用していくべきであります。

当該地は、「遷喬館」や「時の鐘」の近くであり、観光で来訪された方への駐車スペースとしての活用や図書館や公民館に隣接していることから、市民の為の駐車スペースとして、開放するべきではないかと考え、質問致しました。

解体工事に着手できるのは、これから約1年半くらいかかると見込んでいる。その間の暫定利用については、駐車場の安全管理や長時間駐車などの問題があることから、現時点では原則として地域イベントである「人形のまち岩槻まつり」「ふれあいフェスタ」や地域のイベントスペースに限定して活用をしていこうと考えている。駐車場としての活用については、岩槻区役所において、要望を踏まえて検討中です。建物解体後〜次の用途が決定するまでの期間の利活用については、解体が完了するまでに2年程度必要になるので、その前後には次の用途が決定するものと見込んでいます。との回答でした。

課題が明確になっているので、いたずらに時間をかけずに、検討していただけるよう要望させて頂きました。

人形のまち:さいたま市岩槻区「流し雛」が開催されました!

毎年4月29日に、岩槻城址公園、菖蒲池にて「人形のまち岩槻 流し雛」が開催されています。

子どもたちの無病息災を人形に託して、藁で編んだ「さん俵」に乗せて流す伝統行事です。「さん俵」は、ひとつ500円で販売されておりますが、先着300名に無償で配布されます。

昨年は、東日本大震災の影響で菖蒲池に架かる「八つ橋」が損傷し中止となった為、2年ぶりの開催となりました。

◆修復された【八つ橋】

雲一つない晴天に恵まれ、新緑の若芽いっぱいの岩槻城址公園には、たくさんの皆様が集い、盛大なイベントとなりました。会場では、白菊幼稚園の鼓笛隊の演奏や琴演奏、十二単衣着付実演などの催しや、甘酒無料サービスなど多くの模擬店が並び、ご来場者を迎えてくれています。

岩槻区では、春に「まちかど雛めぐり」、新緑の季節に「流し雛」、そして秋に「人形供養祭」など人形関連のイベントが多く開催されます。こうした機会に是非、岩槻に足を運んで頂き、岩槻の魅力を感じて頂けると嬉しいです!

お土産に、地元岩槻商業高校の学生が考えたお菓子とさいたま限定、生八ッ橋「桜花」を購入してきました。おいしいですよ〜(*^_^*)

 

『地下鉄7号線延伸検討委員会』結果報告会が開催!

本日、市民会館いわつきに於いて、「地下鉄7号線延伸検討委員会」結果報告会が、14:00〜と18:00〜の、2回開催されました。

清水さいたま市長、さいたま市地下鉄7号線延伸実現市民協議会長の挨拶の後、「報告書の説明」が行われ、その後、参加者からの質疑応答、意見交換が行われました。

「報告書」の要旨については、3/12付のページにてご紹介させて頂いておりますので、ご参照頂ければ幸いです。

質疑応答・意見交換では、延伸実現に向けた熱い想いやこれまでの地元での取り組み、清水市長の決断への質問、報告書で示された課題についての考え等、活発な質疑が行われました。

市民の皆様の生の声と想いを直接、伺いたいと考え、2回の結果報告会に参加させて頂きました。参加された多くの皆様の、地下鉄7号線延伸実現に向けた熱い想いをしっかりと胸に刻み、示された課題を確実に実行に移していけるよう、行動して参ります!

結果報告会を企画してくださいました、市民協議会の皆様をはじめ、進行・運営に携わってくださいました役員の皆様、そして悪天候の中、ご参加頂きました皆様、ご関係者の皆様、本日は、大変にありがとうございました。

 

春は岩槻 「まちかど雛めぐり」開催中!

3月3日のひなまつりを前に、人形のまち岩槻では2/18〜3/11までの、約3週間『まちかど雛めぐり』が開催されております。

岩槻は室町時代から栄えた城下町。日本一名高い人形の産地です。今も数多く活躍する職人さんたちの作品や商店に伝わる古い人形が、数多く飾られております。特別展示として、昨年の東日本大震災の犠牲者の面影を伝える「おもかげ雛」が土蔵造りの元商家、丹過(たんげ)長谷川家に飾られました。

これからの主なイベントとして・・

3/3(土)〜3/4(日)11:00〜16:00『おひな様パレード・まちかどライブ』

3/11(日)11:00〜16:00 『エンディングイベント』18:00〜20:00 『東日本大震災追悼 流し雛・ダルマに願いを込めてキャンドルナイト』

※会場は、岩槻駅前クレセントモールです。そのほか、多くの関連イベントが開催されております。

期間中は、飲食店や菓子店でも雛まつりにちなんだ期間限定メニューが楽しむことができます。この機会に、人形のまち岩槻に遊びにお越しいただき、岩槻の魅力を感じて頂ければ幸いです。岩槻めぐりには、岩槻駅前からレンタサイクルがありますので、ご利用くださいませ。(^^)/

岩槻区役所開庁式が開催!

新年あけましておめでとうございます。2012年、新しい年が開幕致しました。本年も、宜しくお願い申し上げます。

1/4、8:00より岩槻区役所の開庁式が開催されました。

 清水さいたま市長の挨拶、中山さいたま市議会議長の祝辞の後、テープカットが行われました。庁舎内では、アトラクションとして琴の演奏が行われました。ロビーも広く、様々なイベントもできそうです。

 

少し早めに到着し、新庁舎内を見学。併設される保険センターや教育相談室もご案内いただきました。

12/28の夜から年末年始休暇を返上し、準備にあたられました職員の皆様をはじめ関係者の皆様、ありがとうございます。

新庁舎への移転に伴いお気づきの事がございましたら、ご連絡くださいませ。よろしくお願い致します。

 

川通中学校吹奏楽部マーチングバンド、全国大会に初出場で銀賞!

さいたま市岩槻区にある、川通中学校が、さいたまスーパーアリーナで行われた「マーチングバンド・バトントワーリング全国大会」に初出場し、銀賞を獲得致しました。

創部7年で、これまで関東大会には何度かコマを進めたことはあったが、そのたびに厚い壁に阻まれていたそうです。

合言葉は・・・「一生懸命はかっこいい」との事。川通中学校は、小規模の学校でありながら部員確保などの困難を乗り越えての栄冠です!素晴らしい!!

母校の名を全国に轟かせてくださったメンバーに、心から感謝と拍手を贈らせて頂きます。ありがとうございます!

岩槻教育相談室及び適応指導教室が設置されます!

平成24年1月4日より、ワッツ東館4階に「岩槻教育相談室及び適応指導教室(たいよう)」が設置されます。

さいたま市では、現在4か所の教育相談室が配置されており、岩槻で5か所目となります。平成22年度は、66名の児童がこの適応指導教室に通い、55名が学校に復帰。残り11名も児童の心のケアが進み改善の方向に向かっているとの事。現在も70名を超える児童が通っています。

学校生活の悩みや不安、お子様の行動や性格に関すること、不登校などの相談を専門の相談員に面談、電話、訪問にて、相談に乗って頂くことができます。

施設の概要として、事務室、相談室、プレイルーム、適応指導教室が配置され、常勤職員2名、教育相談員2名、適応指導教室指導員2名の6名体制でのスタートとなります。面談相談は、予約制となっておりますが、電話相談は随時受付しています。相談時間は、毎週月曜日~金曜日の9:00~17:00です。

未来を担う子供たちが笑顔で成長できるよう、開設される教育相談室が果たす役割は大きいです。お子様の事でお悩みのご父兄の皆様、そして不安や悩みを抱えている子供たちの為に、しっかりと役割を果していくことを期待しています。

マッチングファンド『岩槻観光レンタサイクル事業』実施中!

ご存知ですか?10/1〜岩槻観光レンタサイクル事業がスタートしています。先日、事業状況について視察して参りました。

事業主体は、NPOまちづくり市民協議会でワッツ西館1F駅側入口にて、9:00〜17:00まで受付しております。ボランティアの方が1日2交代でローテンションを組み、年中無休体制で実施中です。(年末・年始・悪天候時は休業)

利用料は、2時間以内で200円。以降1時間超過毎に100円が加算されます。貸出時に1000円のデポジットがありますが、自転車返却時に返還されます。自転車は15台確保しておりますが、台数を越える団体様でご利用の場合、事前にご相談を頂ければ対応可能との事です。

ご利用いただく方には、サイクリングで楽しむ岩槻観光マップや自転車安全転5則をくださるとの事。

私が行った日は、慈恩寺観音他への市内観光の予約が入っており、市内の観光コースを5時間で周遊する予定との話でした。もちろん、観光目的以外のご利用であっても大歓迎です!との事です。日頃、見慣れている景色も自転車で走ると新たな発見があるかも知れないですね。

少し寒い時期ですが、この季節の岩槻は「人形のまち岩槻」らしく、たくさんのお人形を街の中で見ることができます。おいしいお店も多いので、是非お越しになってくださいませ。

 

岩槻区役所新庁舎の内装工事が完了!

来年1月4日より岩槻区役所は、ワッツ東館3・4階に移転します。

昨日の夕方、11月いっぱいで新庁舎の工事が完了したとの話を、区役所職員の方より教えて頂いたので、現場の確認に行って参りました。

年末に引っ越しを行い、年始にシステムなどの様々なチェックを行い、円滑に新庁舎での業務が行えるよう準備しているとの話を伺いました。

(写真:3F 庁舎エントランス付近)

(写真:4F 左側、保険センター入口 右側:教育相談室)

詳細は、さいたま市のHPや配布されている市報や「岩槻区役所庁舎」チラシにてご確認をお願い致します。

乗合タクシー運行開始!

平成23年12/1〜平成24年11/30まで、さいたま市で初となる乗合タクシーの本格運行に向けた実証運行が、岩槻区にてスタート致しました。本日、視察のため、乗合タクシーに乗車して参りました。

この乗合タクシーの運行は、交通不便地域を解消するため、そして、地域の実情に合った公共交通網を整備していくために、市民・さいたま市・事業者が協働して、コミュニティバスや乗合タクシーの新規導入や改善を行っていくための規定・ルールを作ることを目的に、昨年9月〜11月まで実証運行されました。

そして、本年3月に「コミュニティバス等導入ガイドライン」が策定され、この実証運行の結果が、策定されたガイドラインの導入条件をクリアしていたことから、本格運行に向けた実証実験として1年間の運行が決定し、今回の実証運行となりました。

今後の本格運行実施の判断のポイントは、収支率が40%以上確保されることが必要です。

運行ルートは、岩槻駅→槻寿園間を約35分で走ります。途中、丸山病院、マミーマート飯塚店、和土住宅内、岩槻南病院、南部公民館などの利便施設や需要の多い住宅地を通り、19か所の停留所を抜けて走行します。

平日のみ、1日8往復。岩槻駅の停留所はコミュニティバスの停留所と同じく、駅前交番前にあり、始発8:02、最終18:36となっておりまり、運賃は一律300円。乗員は、運転手を含め10人乗りとなっています。

本日の乗車で、乗合タクシーは、ワンボックスタイプの為、いわゆる幹線道路ばかりでなく、道幅の狭い道路も走行することができ、より生活に密着した公共交通となる可能性を感じました。乗降時に、手摺やステップがあるので、乗り降りし易く、ご高齢者でも安心してご利用できます。

運転手さんより、昨日の運行では、「昨年の3か月間の実証運行後、外出する機会がめっきりとなくなっていたが、また走ってくれて嬉しい!」との喜びの声を、お年寄りの方より頂いた。と伺いました。

この乗合タクシーの運行は、「地域組織の設立」「運行ルート案の検討〜設定」など地元自治会長を初め、多くの市民の皆様と事業者様の、大変なご苦労の中でスタートしたものであります。

多くの皆様にご利用して頂き、愛着をもって継続的に運行できることを願います。また、運行にあたって大変なご苦労をされた、ご関係者の皆様に心から敬意を表し、感謝申し上げます。ありがとうございます!

« 1 2 3 4 5 »

過去のブログ記事

PAGETOP
Copyright © さいたま市議会議員 吉田ひとし All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.